オーディションをしっかり調べようの画像

応募するオーディションをどうやって選んだらいいの?

世の中にはどれぐらいのオーディションがあるの?

アイドルやモデル、声優になりたい!からとりあえずなんでもいいからオーディションを受けてみようと急ぐ気持ちもわかりますが、
あとあと「自分がやりたいものと違った」やトラブルを回避するためにもオーディションを応募する前にいろいろと調べて本当に自分に合っているオーディションを
見つけられるようにしていきましょう。

募集内容をしっかり調べよう

世の中には随時100以上のオーディションの募集を行なっています。その中から闇雲に応募するのは危険ですからきちんと自分に合ったオーディションを見つけてください。
まずは、自分が何になりたいのか、または何をやりたいのかを整理しましょう。
ジャンルはなんなのか(アイドルなのかモデルなのか等)、募集している年齢は、活動地域はどこなのか、等を募集要項から確認するようにしましょう。
中にはアバウトな募集要項で募集している場合もありますので、募集要項だけでなく、待遇や合格後の活動予定などもよく調べて自分のイメージに合っているかを
確認する必要があるでしょう。また、活動に費用がかかる場合(合格後のレッスンに費用が発生する等)もありますので、せっかく合格したのに活動することができないなどとならないように
しっかりと確認しましょう。

主催事務所はどんな会社なのか調べよう

オーディション選びで一番大事なのが、主催事務所です。有名な事務所だからと言っていい活動、いい待遇があるとは限りません。合格後に事務所と契約を交わしてしまうと
他と二重で在籍は認められなかったりなどのケースはよくあることなので、後から「やっぱりよくなかった」「なんか違った」となっても契約期間中は他に移動することもできませんので、
せっかくの大事な時間が無駄になってしまいます。
そうならないように事前にどんな会社なのか、所属している方はどれぐらいいるのか(本当にその事務所で活動しているのか)などをインターネットやSNS(ツイッターやインスタグラム)などで
調べて自分のイメージとかけ離れていないかなどをしっかりと調べるようにしましょう。

関連キーワード:

一覧へ戻る

関連するオーディション情報

^