特技の画像

オーディションでの特技がないけど大丈夫?

オーディションで特技って必要?

オーディションでの特技披露はよくあることですが、意外と「私の特技は○○です」と答えられる方は少ないようです。
でも特技がないからといってオーディションに応募ができないわけではないので、考え方を変えて見るのはいかがでしょうか
特技は、審査員などに「あなたのアピールポイントを見せる」項目としてあなたという人を知るためです。
ですから特技がないからと言って落ち込まずに特技を探して生きましょう。

どうやって特技を探したらいいの?

自分のことを知っているように思えても意外と知らないことが多いことです。
自分のことを小さい時からそばで見てくれている親や親しい友人などであれば、あなたの得意なことを知っていることが多いでしょうから
聞いてみると自分では当たり前だと思っていたことが特技になることもありますので、相談してみることをオススメいたします。
また、「特技」という聞かれるから答えられないだけで「好きなこと」「自身のあること」と自分の中で置き換えて考えたら該当するものが見えてくるかもしれません。

それでもなければ特技を作っていこう

オーディションでの特技の重要性や探し方などをご紹介してきましたが、それでも見つからないからと言ってあなたがダメな人間ということではありませんので安心してください。
今まで特技について深く考えることがなかっただけですので、これを機会に「特技」を作ってしまいましょう。自分の中にすでにあることや当たり前と思っていること、好きなことを一つ一つを紙に書き出したりしてもいいでしょう
その中に特技になり得るものがきっと見つかるでしょう。一度見つかると「特技」が自分の人生を支える柱になったり生き甲斐になったりということになりますので頑張って見つけオーディションに臨みましょう。

関連キーワード:

一覧へ戻る

関連するオーディション情報

^