オーディション 合格

オーディション本番の服装はどうしたらいいの?

オーディションへの応募、書類審査も通過し、いよいよオーディション(面談、実技審査)と段階を進めましたが、
服装は何を着て行ったらいいのか迷う方も少なくないかもしれません。
ここでは、そんな時に役立つ情報をご紹介いたします。

どんな服装でのぞめばいいの?

オーディションは、どんな服装でのぞむのがいいのかですが、結論からいいますと、受けるオーディションの種類によって
求められるジャンルが異なってきます。
そのため、受けるオーディションのジャンルに合わせて、自分に合う服装または、あなたが持ってもらいたいイメージの服装を選択するようにしましょう。

服装選びのNGポイントとは

続いては、オーディションの服装選びでの絶対にやってはいけないNGポイントをご紹介いたします。
一般的にNGとして挙げられやすいポイントは、

・派手すぎる
・清潔感がない(不潔)
・地味

などが挙げられます。

派手すぎる

周りとの差別化を狙ったり、個性を強調しようとして目立つ服装は、一周してその場の空気を崩してしまう可能性もでてきます。
色の濃い赤系やピンクなど主張が強い派手な印象を与えるものは控え、薄い色でのぞむことをお勧めいたします。

清潔感がない(不潔)

何と言っても一番注意したいのは清潔感がないことですね。
清潔感がないと人にいい印象が与えられませんよね?

他にも
・服がシワになっていている
・毛玉がついている
・汚れていている
などは注意して、清潔感のあるものを選ぶようにしましょう。

地味

先に派手すぎる服装も良くないと説明いたしましたが、逆に地味なものもマイナス効果となってしまうこともあります。
アイドルや芸能人は、みんなから憧れなどを抱かれる職業ですので、そのイメージを崩すような印象を与える服装ももちろんNGです。
明るい印象を与えられる服装を選ぶようにしましょう。

関連キーワード:

一覧へ戻る

関連するオーディション情報

^